最近は家庭用で手軽に使用できる脱毛器の種類が、本当に豊富になってきました。

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛も、自宅で行うことができ、全身脱毛も可能という高機能!

家庭用脱毛器はホクロに注意

家庭用脱毛器を利用することで、自宅にいながら快適な脱毛を行うことができます。

しかし注意しなくてはならない点がいくつかあり、中でもホクロには十分考慮しなくてはなりません。 何気なく家庭用脱毛器で脱毛をしていて「熱い!」「痛い!」と感じた場合はホクロに照射してしまっている可能性があります。

目に見える部分、例えば腕や足などならホクロを避けて照射することもできるでしょうが、うなじや背中などはどこにホクロがあるか分からずについついホクロに照射してしまう場合があります。

どうしてホクロに照射してはいけないのか

家庭用脱毛器を使って脱毛をしているときにホクロに照射してはいけない理由はなんなのでしょうか。それはメラニン色素にあります。 家庭用脱毛器はメラニン色素に対して熱エネルギーを集中させる仕組みになっています。

熱エネルギーは毛根部分の組織を破壊するだけの威力を持っているため、メラニン色素のかたまりであるホクロに照射してしまうと火傷をおこしてしまうわけです。ですので、ホクロに照射してしまうと「熱い!」「痛い!」となります。このような事態にならないようにするためにも、ホクロの位置はある程度把握しておいた方が賢明ですね。

ホクロを避けて脱毛するには?

家庭用脱毛器を使って脱毛する場合

ホクロを避けて照射しなくてはならないことが分かりました。しかし、家庭用脱毛器によってはカートリッジのサイズが大きくて細かい脱毛が難しい場合があります。

どう避けて照射してもホクロに当たってしまう……という場合はテープを使いましょう。 ドラッグストアに行くと、ガーゼを止めるためのテープが売られています。

これの白色、もしくは肌色のものを購入してホクロのサイズにカットして張り付ければ、ホクロを綺麗に隠すことができるので、普通に家庭用脱毛器で脱毛することができるようになります。間違っても透明のテープを購入することが無いように注意ですね。

濃いシミや色素沈着にも注意

家庭用脱毛器で脱毛をするときに注意するべきなのはホクロだけではありません。濃いシミや色素沈着もホクロと同様にメラニン色素が大量に皮膚に含まれていますので、これらも火傷や痛みを引き起こす原因になります。

対処方法としてはホクロと同様にテープでカバーしてあげればOK。 ですが、シミや色素沈着は美白で根本的に解決してあげるようにした方が後々のことを考えると正解だと思います。また、美容クリニックなどでホクロやシミ、色素沈着を除去してもらうのも検討してみましょう。

家庭用脱毛器の基本

家庭用脱毛器について

実際に使用してから効果が現れるまでの期間
体験談のコメントやブログを参考にしてみよう
いろいろな商品が販売されていますが…?

家庭用脱毛器を知ろう