最近は家庭用で手軽に使用できる脱毛器の種類が、本当に豊富になってきました。

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛も、自宅で行うことができ、全身脱毛も可能という高機能!

■家庭用脱毛器って痛くない?

家庭用脱毛器の中には「まったく痛み無し!」といった売り文句のものがあります。

家庭用脱毛器って痛くないの?

当然、その家庭用脱毛器の種類にもよるのですが、今一番人気があるといっても過言では無いフラッシュタイプの家庭用脱毛器で言えば、全く痛みが無いのはあまり脱毛効果が出ていない場合があるので、それはそれで問題となります。

家庭用脱毛器で痛みを感じる度合いは個人差がかなり強く出やすい部分です。

メラニンに対して反応する光を照射しており、これがムダ毛のメラニンをキャッチして毛根部分に集中し、熱エネルギーで毛根周辺の組織を破壊することで脱毛しています。ですので、多少の痛みが発生するのは仕方がありません。

また、色黒の方や日焼けをしている方、色素沈着が起こっている部分の脱毛をする場合にも痛みを感じやすくなり、色白の人ほど家庭用脱毛器による脱毛で痛みを感じにくいとされています。

●痛みが強ければ脱毛効果が高い?

家庭用脱毛器は痛みが強ければ強いほど脱毛効果が高い!と言われていることがあります。しかしこれは正しいとはいえません。 というのも、先ほども述べたとおり肌そのもののメラニンに反応して痛みを感じているケースが考えられるからです。 肌のメラニンに光エネルギーが集中している場合は最悪のケースだと火傷を引き起こしてしまう可能性すらあります。ですので「痛いけれどしっかりと脱毛したいから我慢我慢……」を繰り返していると取り返しのつかないような肌トラブルを引き起こしてしまう結果になりかねません。 ですので、痛みが強ければ脱毛効果が高いという認識を持っている人は改めるようにしましょう。

●家庭用脱毛器の痛みを和らげる方法、こうすれば痛くない!

家庭用脱毛器で脱毛をしているけれど

どうにも痛みが強くて思うような脱毛ができていないと悩んでいる人もたくさんいると思います。 そんな方は次のポイントを実践してみましょう。

・しっかりと冷やす

家庭用脱毛器を使って脱毛をするときには肌に熱がこもってしまいます。脱毛をするためには毛根部分にエネルギーが集中してくれれば良いわけですので、肌の表面は関係ありません。

ですので、しっかりと保冷剤などを使って冷やしてあげると家庭用脱毛器の熱による痛みを軽減・解消することができます。脱毛エステを利用したことがある人ならご存知かと思いますが、脱毛エステでは感覚がなくなっちゃうのでは?と思うほど入念に冷やしますよね。それを家庭でも実践しましょう。 ただし低温火傷にならないよう注意。

・脱毛前と後に保湿ケア

肌に潤いが多いほど家庭用脱毛器の痛みを軽減させることができます。ですので、保湿ローションや保湿クリームなどで脱毛前と脱毛後に入念な保湿ケアを行うようにしましょう。

これは痛みを軽減させるだけでなく、肌バリア機能を高めて肌トラブルを予防する目的もあります。

家庭用脱毛器の基本

家庭用脱毛器について

実際に使用してから効果が現れるまでの期間
体験談のコメントやブログを参考にしてみよう
いろいろな商品が販売されていますが…?

家庭用脱毛器を知ろう