最近は家庭用で手軽に使用できる脱毛器の種類が、本当に豊富になってきました。

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛も、自宅で行うことができ、全身脱毛も可能という高機能!

■家庭用脱毛器は敏感肌や乾燥肌でも使える?

家庭用脱毛器は自宅で手軽

自分の好きなときに好きなだけ脱毛することができるとても便利なアイテムです。ですので、脱毛エステに通う暇が無い方や、あまり脱毛にお金をかけたくない人から大好評。 しかし、家庭用脱毛器を利用したいけれどなかなか踏み出せないでいる、という人もいるかと思います。その理由のひとつとして多く挙がっているのが「敏感肌・乾燥肌」です。

確かに家庭用脱毛器は比較的肌に負担をかけずに脱毛することができるとされていますが、全く負担がかからないわけではありません。個人差が強く出やすい部分ですし、人によっては乾燥肌や敏感肌でも無いのに肌トラブルが起こってしまった!という話も口コミや体験談で見かけたことがあるかと思います。そうなると、普通の人以上にデリケートな敏感肌・乾燥肌の人は家庭用脱毛器に対してより慎重になるのは当然のことですよね。

●敏感肌・乾燥肌の方が安心して使うために

敏感肌・乾燥肌の方が家庭用脱毛器で安心して脱毛するためには、まずは自分の肌の状態を入念弐チェックすることから始めていきましょう。 普段よりも肌の調子が悪い、と感じたら利用は避けるべきですし、ちょっと調子が良いかも!と思ったら出力を控えめにして脱毛してみましょう。 初めて家庭用脱毛器を利用する場合は、特定の範囲に絞ってから使い始めることをオススメします。出来れば腕などの比較的炎症が起こりにくく、試しやすそうな場所からスタートしましょう。いわばヘアカラーや白髪染めでいうところのパッチテストのようなものです。 極力出力は絞って、肌に対してダメージを与えないように注意して様子を見てみましょう。ここで特に問題が無いようなら、希望する箇所を家庭用脱毛器で脱毛していく、問題が無いなら徐々に出力を高くしてみる、といった段階的な使い方を心がけるようにしましょう。

●脱毛前と脱毛後のダブル保湿!

敏感肌・乾燥肌の方が家庭用脱毛器を利用するときには

脱毛前と脱毛後のダブル保湿を実践しましょう! 敏感肌・乾燥肌だと、とにかく肌の水分量が重要。水分量が少なくなると、肌のバリア機能が低下して雑菌などに負けやすい状態になります。まして脱毛した後の肌は水分が逃げやすくなっていますし、肌バリア機能もかなり低下しているので入念な保湿が重要です。

まずは脱毛前に保湿ローションでしっかりと潤いを与えて、保冷剤などで入念にクーリング。十分に皮膚が冷えたら家庭用脱毛器の光を照射して、再度保湿ローション、もしくは保湿乳液で潤いを与えてもう一度保冷剤でクールダウンさせましょう。 また、脱毛した日から1週間はいつも以上に念入りに保湿ケアを行うことをオススメします。 女性の方で生理中の場合は肌の調子が良かったとしてもできれば家庭用脱毛器の使用は見送ったほうが良いでしょう。

家庭用脱毛器の基本

家庭用脱毛器について

実際に使用してから効果が現れるまでの期間
体験談のコメントやブログを参考にしてみよう
いろいろな商品が販売されていますが…?

家庭用脱毛器を知ろう